大人も子供も楽しめる!感動のクオリティー『琵琶湖博物館』

お出かけ
スポンサーリンク
※当サイトは、アフィリエイト広告を利用しております

2022年9月、滋賀県の『琵琶湖博物館』に行ってきました。

半日じゃ足りないくらい充実しており、クオリティーの高さに感動しました。

ワクワクする仕掛けがいっぱいで、大人も子供も大満足♪

実際行ってみてどうだったか、勝手にレビューしたいと思います。

スポンサーリンク

琵琶湖博物館はどんなところ?

コンセプト

「びわ湖」のすべてを体感し、学ぶことができるミュージアム

●五感で感じる、発見を楽しむ●

湖の生い立ち、人々の歴史、自然と私たちの暮らしの展示をはじめ、湖の生き物の生きた姿を見ることのできる水族展示もあわせもつ、総合博物館です。

見るだけでなく、さわったり、においをかいでみたりして、びわ湖の自然や生き物、暮らしについて、五感で体験できる多彩な展示を楽しめます。

多様な標本を手にとって観察ができる、おとなのディスカバリーや、地域の人々による展示コーナーなどを設置しています。

●湖と人間の未来をともに考える●

「湖と人間」をテーマとして、両者のよりよい未来について、みんなで考えていくためのミュージアムです。
湖や生き物、私たちの暮らしに関するあらゆる情報と、さまざまな研究や活動をしている人々が集まっています。

地域の人々とともに「湖の人間」の新しい共存関係を築いた社会の実現を考えています。

基本情報

所在地滋賀県草津市下物町1091
営業時間9:30~17:00(最終入場16:30)
休館日…月曜日
料金大人:800円(年パス1600円)
高校生、大学生:450円(年パス900円)
中学生以下、県内に居住する65歳以上の方、障がい者の方は無料
駐車場普通車:420台 博物館利用者の駐車無料サービス券有り
ホームページ滋賀県立琵琶湖博物館

●チケット提示で再入館も可能

●名神「栗東IC」から約30分、名神「瀬田西IC」または新名神「草津田上IC」から約35分

見どころ

チョウ展(2022年11月20日まで)

企画展示室では、チョウ展が🦋

滋賀県のチョウの分布の移り変わりやチョウの不思議な形態や生態について、多くの実物標本をもとに紹介されていました。

滋賀県最大級のチョウのコレクションである、布藤コレクションを公開。

彦根市のチョウの収集家、布藤美之さんが同博物館に寄贈した2万5786点のチョウの標本のうち、1万1000点を展示

●色鮮やかなチョウ

●実物の約30倍のオオムラサキの巨大模型

●フォトスポットです

●イモムシベンチ

チョウ展料金(入場料に別途必要です)

大人     300円
高・大学生  240円
小・中学生  150円

おとなのディスカバリー

昆虫や鳥類をはじめとした動物や植物、鉱物などの多種多様な標本をはじめ、1300 種類の多様な実物資料に触れることができるスペースです。

顕微鏡で拡大してじっくり観察したり、職員から詳しく聞いたりすることができます。

●タヌキやキツネイノシシ、アナグマなどの毛皮(すべて本物です)

実際触って、毛の違いを確認!貴重な経験ができました~

●今にも動き出しそうな、ワニガメ

●魚の標本

水族展示室

淡水生物の展示としては世界最大級の水族展示室です。

ビワコオオナマズなどの淡水魚にも会えます。

水族展示では琵琶湖とその周辺のさまざまな環境と、そこにすむ生き物と、私達の生活との関わりについて紹介されています。

●トンネル型の大型水槽

まるで水中にいるかのような気分が味わえます♪

●びわ湖の宝石、ビワマス

●びわ湖の主、ビワコオオナマズ

●チョウザメ

●湖魚店の展示

リアルで面白かったです!

「古代湖」の世界では、、世界有数の古代湖である、バイカル湖とアフリカ大地溝帯の湖に生息する生き物を展示しています。

●バイカルアザラシが可愛かったです♡

●ミクロの世界へようこそ

肉眼では見えない微小な生き物を展示するコーナーもあります。

●きれいな魚がたくさん♪

湖の400万年と私たち

2階A展示室では、琵琶湖の約400万年間の生い立ちとして、大地や気候、生き物の自然環境のうつり変わりを、化石や地層の標本、ジオラマなどで紹介しています。

世界初の半骨半身の標本「ツダンスキーゾウ」

湖の2万年と私たち

2階B展示室では、人と自然の関わりの歴史を紹介しています。

発掘調査からわかった、縄文時代の森での暮らしや、かつての水辺の暮らしを学べます。

AR(拡張現実)技術を用いた丸子船の体験展示も!

●入口には迫力満点の龍のオブジェ!!

ペットボトル1300 本を原料につくられたそうです。

●昔の人々の暮らし

イノシシがつるされていたり、子供たち、興味津々でした!!

●木を切ってる風の、フォトスポット

●埋没した縄文時代のスギ根株

樹冠トレイル 屋外展示

琵琶湖博物館、裏口を出ると、湖が目の前に広がります。

屋外展示の「森をめぐる樹冠トレイル」と、「展望デッキ」があります。

樹冠トレイルを歩けば、広大な琵琶湖の風景や、森の植物や動物を目の前で観察することができます。

琵琶湖にゾウがいた、約180万年前の森を再現した太古の森もあります。

こちらでお弁当を食べても気持ちよさそう♪

外から見ても素敵です

まとめ

感想

あまり調べず、なんとなく行ってみたのですが、めちゃくちゃよかったです!!

水族展示も、博物館の一部とは思えないクオリティーでした✨

実際見て触って、大人も子供も楽しみながら学べました。

フォトスポットがあったり、見応えのある様々な展示物に、ワクワクがとまりませんでした♪

また、立地もよく、晴れた日はびわ湖を眺めながら、砂浜でボ~っとするのも気持ちよさそうです。

我が家は、2時間ほどの滞在でしたが💦じっくり見て回ると一日楽しめると思います。

館内にはレストランもあり、びわ湖カレーやびわ湖の固有種ビワマスと、外来種のブラックバスを使った天丼も食べれます。

コロナの影響で体験できないものもあり、すべて回れなかったので、またリベンジしたいです。

小さな子供から、カップルやご夫婦、どの世代も楽しめそうな『琵琶湖博物館』♪

気になる方は、ぜひチェックしてみてください。

少しでも参考になると嬉しいです。

おまけ

●駐車場からも琵琶湖が一望でき、お散歩も気持ちよさそう♪

タイトルとURLをコピーしました